どうでもいいはなしで、どうでもいいな〜と感じてもらえれば幸せなブログ


by kinokuni1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

サンダルの最期(さようなら、私の夏)

土曜日、ルーブル美術館展みにいきましたぁ
サブタイトルの「19世紀フランス絵画」を見忘れてて、ボッティチェルリとかダヴィンチとかルーベンスとかターナーとか・・・ルーブル美術館の絵はほとんど見れるのかと思っていったら、19世紀フランスだけだったんですね〜。

行って途中で気づきました(おそい?)

こういうのって全部真剣に見るとつかれちゃうから、「流し」でみるようにしてるんですけど、いいなぁと思ってチェックすると、ほとんどジェリコーでした。特に、白馬の頭部がよかったです。

いつもは、身だしなみとか適当で脇目もふらず目の前のコトに縛られてる私だけど、時にはめかして美しい物を見に行くと、なんだか心にたまった色んな澱がちょっと減ったような感じがしました。大学時代の先輩とその後買い物してからお茶して、美術展の感想を言い合ったりしてね♪




夕方。帰りの電車でウトウトしていると、ドォー!っという音で起きた。
「遂にあめかぁ」と思ったら甘かった。外へ出たら滝壺みたいな凄い雨。

とりあえず、いつものように?現実逃避で駅ビルでブラブラしてもう一度外に出たら、まだ滝壺だった。
はぁ〜。この靴で帰れって?今日は、買ったばかりのサンダルで歩き回ったお影で親指の内側の皮が剥けてヒリヒリ痛いのって。しかもそのサンダルは皮に小さいフラワープリントがされてて、結構レアらしくお気に入りだったし、買う時に店員さんに「雨の日は絶対履かないでください」と念を押されていた物だった。

家までは歩いて30分。

体力的にも、モノ的にも無理!

という訳で、タクシーに乗る事にした。(どうせ初乗りくらいだし)
そしたらどうよ?いっつも並んでるとこなんか見た事無いくせに、今日に限って私みたいな人がいっぱい居るじゃないのさ!タクシー乗り場は一応2メートル幅位の屋根がついてるから、傘はささなくていいけど、時折雨が斜めになったりすると膝下が濡れる。
並んでるのは15人くらい。
でも、タクシーなんてすぐ来るよね☆って思った
が、長い!こんな時に限って!

あまり待つ事に慣れていない私が異例の忍耐で23分も待った。
それで、タクシーに乗ってからは渋滞にも巻き込まれずに帰ったとさ・・・

でも、でも、でも!待ってる間にちゃっかり足下だけはビチャビチャになり、サンダルの皮が変色しちゃってなんか「田舎のショボイ旅館の襖のシミ」みたい?
トク・トク・トク、ボイーン。ご冥福をお祈りします。

楽しい思い出をありがとう。さようなら
(最終的に愚痴でした。ごめんね〜)
[PR]
by kinokuni1 | 2005-06-05 22:59 | 2 雑記