どうでもいいはなしで、どうでもいいな〜と感じてもらえれば幸せなブログ


by kinokuni1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

たまにはしみじみと詩を

「更くる夜」    中原中也

毎晩々々、夜が更けると、近所の湯屋の
    水汲む音がきこえます。
流された残り湯が湯気となって立ち、
    昔ながらの真っ黒い武蔵野の夜です。
おっとり霜も立ちこめて
    その上に月が明るみます、
と、犬の遠吠がします。
その頃です、僕が囲炉裏の前で、
    あえかな夢を見ますのは。
随分・・・・・・今では損なわれてはいるものの
    今でもやさしい心があって、
こんな晩ではそれがしづかに呟きだすのを、
    感謝にみちて聴きいるのです。
感謝にみちて聴きいるのです。
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-02 00:51 | 2 雑記