どうでもいいはなしで、どうでもいいな〜と感じてもらえれば幸せなブログ


by kinokuni1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お囃子

昼の火照りが肌から抜けていく頃
夜のどこから賑やかに
あのお囃子が聞こえます

ピーヒャラ ピッピッ
ドドン ドンドン

みんな揃いのはっぴを羽織り
飲めよ、歌えよ、笑えよ、鳴らせよ
まつりだ まつりだ めでたいぞ
いつものことは忘れちまいな

それは周りの空気を振動させ、空気から空気へ感染するのです
(私の手から肩へ、あの人の首へ、ビルへ、そしてアスファルトの道路から肉屋さんへ・・・)

あ、今みんなの心にもうつったようです

ピーヒャラ ピッピッ
ドドン ドンドン

夜のどこから賑やかに
あのお囃子が聞こえます
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-27 21:46 | 6 詩

「世界中年会議」

お疲れ中により、またまた引用です。
四元やすひろの詩です。
こんなこと考えながら食べるのかな?って感じですが、読み終わるとピザ食べたくなっちゃうんですよね〜!

混沌のピザ

煮えたぎるチーズのチーズの海から
せり上がるペパロー二の群礁
漂うオニオンと
音もなく降り注ぐオレガノ
鼻をつく鋭い匂いは忽ちのうちに広がって
彼方の座敷の掛け軸の前で
懐石料理に箸を差し出す和服の男が
顔をしかめてのけぞっている
だが恥じることはないのだ
洗練も風流も
一皮むけばどろどろの
のたうち回るマグマのなかに
眼も鼻も口も混ぜ合わせていて
ただ盲目の生への欲望だけを叫んでいる

ピザが見えてきた?つづく
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-25 10:33 | 8 おすすめの著
まだまだ、夏ですね

夏の夜といえば、
冬のクリスマスのイルミネーションとは対照的に、
日本に古くから伝わる、灯籠やぼんぼり、提灯といったやさしい灯りが多く見られます。

川岸で無数の灯籠のやさしい灯りをみると、夏だなぁと思うものです
灯籠流しを見るためだけに、旅行をする方もいることでしょう
本当は、慰霊のためなんでしょうが、流れる灯籠をぼ〜っとみているだけで、癒されるんですよ

と、
そんなあなた、夜の歩道橋を登ってごらんなさい

左は赤色、右は白色のやさしい灯りが
あっちへこっちへ流れていきます
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-22 21:09 | 2 雑記

今日の一言

↓私の自転車を不覚にも鍵をかけ忘れ、まんまと盗まれたバカ親父の一言

「俺が無くしたんじゃない!盗まれただけだ!」

:どうでもいいけど、こっそり使って、使う直前に言うなんて〜(涙)
ただ今、一言も口聞いてやらない刑執行中です。
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-22 20:53 | 3 今日の一言

見あげるとき

b0056518_1818558.jpg

[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-21 18:16 | 4 PHOTO

はるかなる国から

またまた、勝手に引用です。いいんでしょうか?わかりませんね〜
気に入った人は、買ってください。

谷川俊太郎の処女詩集、二十億光年の孤独の序にある、推薦者である三好達治の詩です。
(本人ではなく、推薦者のがよかったりして)

「はるかなる国から」
この若者は
意外に遠くからやってきた
してその遠いどこやらから
彼は昨日発ってきた
十年よりもさらに長い
一日を彼は旅してきた

好き者よ、つづけ!
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-20 23:56 | 8 おすすめの著

今日の一言

お母さん、キノコ鍋なんてひどいじゃない!いやらしい!

出典:映画「誰にでも秘密がある」冒頭より
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-19 21:29 | 3 今日の一言

今日の一言

僕のジョーク聞くと、寿命縮みますよ
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-19 21:26 | 3 今日の一言

鉄塔と・・・

稲穂が金色にたなびくたんぼに
ぽつんぽつんと
鉄塔が

ここから観たら、ジグザグだけど
あちらから観たら一直線に重なるよ

というところで、

なんだってそうなのかしら?

と思いつき、
「今まで、どれだけのことを斜めに横から見てきただろう」
と思ったけども

それも「人間だもの」と
相田みつをみたいなことを考えていた

夕方のドライブ
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-18 23:41 | 2 雑記

夏の終わり

まだまだ暑い毎日ですが、最近は、日の入りが早くなりましたね~!私はもう少しで夏休みが終わっちゃうのが、かなり淋しいです(^o^;好きだなぁ~夏休み。
ということで、夏を思って詠みたい一句を。

さしむかひ二人暮れゆく夏の日の
かたはれの空に桐の匂へる

北原白秋「桐の花」より
[PR]
by kinokuni1 | 2005-09-15 00:05 | 2 雑記